日本写真映像用品工業会が協賛、PHOTO NEXT

日本写真映像用品工業会は、PHOTO NEXTを主催しています。
PHOTO NEXTは、2010年に誕生した写真・映像関連製品のイベントです。2015年までに、東京ビッグサイトを会場として6回開催され、来場者数を140%伸ばしています。写真のビジネスフェアとして、写真・映像業界発展に重要な役割を果たしています。PHOTO NEXT 2016の開催日は、6月21日〜22日です。会場は、これまでの東京ビッグサイトから、パシフィコ横浜CDホールに移して開催されます。
これまで使用していた東京ビッグサイトが、2020年に開催されるオリンピックにおいてプレスセンターに指定されるということが正式発表されました。これにより、オリンピック開催や準備のため、2019〜2020年の2年間は東京ビッグサイトでの展示会の使用が危ぶまれます。PHOTO NEXTの安定した開催を継続するため、2016年から2020年までは、パシフィコ横浜を選定して開催されることになりました。
展示会場を確実に獲得することで、来場者も安心して参加することができます。
パシフィコ横浜での開催により、展示フロアがこれまでの6800平方メートルから1万平方メートルとなり、従来比1.5倍に一挙拡大します。更に、ワンフロアでの展示とイベントを実現します。
スケールアップした展示会場で、2020年までの5年間をNEXT5と位置付け、提案型フェアとしての内容がグレードアップします。
フェアに協賛している日本写真映像用品工業会は、昭和36年に写真・映像関連製品の会社で結成された団体で、フェアの出展勧誘や来場者増大に積極的に取り組むことで、写真映像業界の発展に寄与しています。日本写真映像用品工業会もブースに出展します。

日本写真映像用品工業会も出店するPHOTO NEXT2016は2015年開催から会場を移した事で、パワーアップしています。
展示フロアがこれまでの6800平方メートルから1万平方メートルに大幅に拡大し、余裕をもったブース配置が可能になります。これにより、出展ブースを見て回るのに、支障のあった通路の少なさや狭さが解消されました。こうした不便を解消できたことで、来場者はより満足が得られるのではないでしょうか。
2015年に実施した来場者アンケートでは、来場の目的が「出展社のブースをみるため」がダントツの一位であったことから、出展ブースをゆったり見て回れることで更なる来場者が期待できます。日本写真映像用品工業会をはじめとする出展社もゆったりとした展示、情報交換ができるようになります。
開催回数を重ねるごとに出展社数が増大、会場が手狭になっていましたが、広くなった会場では新規出展社の参加が増え、新しい活気が生まれそうです。
展示スペースの拡大は、出展者のサービス拡大にもつながります。展示会場内にストックルームができ、独自のセミナーを開催する専用ルームもできました。
出展社のサポート態勢が強力になったことで、熱心な来場者も更に楽しめるフェアとなりそうです。
東京ビッグサイトでの開催では、展示会場とイベントが別の会場で行われていました。パシフィコ横浜では、CDホールでのワンフロア開催が実現します。イベントステージやセミナースペース、企画展示などが一体展示となり、プログラムがさらに充実します。
このように、ワンフロア展示は出展社、来場者ともに大きなメリットがあることは間違いありません。

日本写真映像用品工業会も出展する展示ブースでは、新規出展と企画展示が増え、パワーアップします。会場の四隅は、セミナールームやイベント会場を設けることで、来場所が会場全体を回遊できるようになりました。すべての展示ブースで大きな出展効果が得られます。
これまでは展示会場から離れていた撮影デモスタジオやアウトレットも合同となりました。また、狭いスペースしかとることができなかったギャラリーも充実したものとなります。
2015年に実施した来場者アンケートにおいて、PHOTO NEXT来場者の目的は、「出展ブースを見るため」が一位となっていました。その他、新製品を見たい、機材をじっくり調べたい、製品の活用や導入ノウハウを知りたい、担当者と情報交換したい、などのアンケート結果が得られています。こうした想いを持って会場に足を運ぶ来場者も、日本写真映像用品工業会も出展する今回の会場で、満足のいくスケールアップを感じることができそうです。
PHOTO NEXTでは、2020年までの5年間をNEXT5と位置付け、日本全体を元気で生き生きとできるよう、スケールアップしています。パシフィコ横浜の新会場で、「フォトビジネス。来るべき新時代」をコンセプトに、新たなテーマを掲げて開催します。日本写真映像用品工業会は、PHOTO NEXTを主催しています。また、フェアの新規出展勧誘や、更なる来場者増大に積極的に取り組んでいます。

一般社団法人 日本写真映像用品工業会
http://www.jpvaa.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 住まいが狭いと感じている場合において、ものが溢れてしまっていませんか?できる限り捨てることが望まれま…
  2. さいたま市 痩身ameniteですが、痛くない脱毛とのことで受診してみました。私は30代の女性ですが…
  3. 浦壁伸周は1989年に青森で生まれ、地元で育ってきました。彼は、自分の人生がある程度決まっているとは…
ページ上部へ戻る