森口邦光氏っていったいなにもの?

森口邦光氏は、石川県穴水町出身で、石川県に拠点をかまえる老人介護施設の経営者です。

石川県内には、森口邦光が運営する「清水の里」「清水の宿」他、複数の系列のデイケア施設や住宅型老人ホームなどの様々な施設が、10箇所以上あります。「清水の里」は、これまで経営してきた介護施設のノウハウを活かし、廃校になった小学校の改装しました。実は、この廃校になった小学校は、自身が卒業した学校で、自身はOBでした。できた施設は高齢者がすごしやすい建物にリフォームされています。あたりはのどかな風景がひろがり、海もみえる場所。施設内には、自然体験農園といった設備も作られており、非常にゆったりと過ごせる空間になっています。また、森口邦光氏は、各施設の運営にあたり、「利用者様に安心と快適な生活空間を提供する」をモットーにしており、利用者目線の運営方針や、そのサービス内容と品質の高さが非常に高い評価があり、北陸エリアだけでなく、全国から入居希望者が訪れます。自身は、地域の活性化、地域発展の為には、福祉の向上が大切という考えをもち、「森口自然塾」といった講演会もおこなっています。

森口邦光氏は、故郷である石川県で長期にわたり、介護事業を展開されていたことや実績も積んでいますし、地域貢献の為の活動を積極的に行っていることから、認知度も非常に高く、新聞などのメディアなどにも取り上げられるほど知名度がある方です。地元故郷に密着し、地元に愛情をもって、活動、貢献している事業などが、一般の方からの認知度が高い要因のひとつでもあるでしょう。過去には、地元貢献というかたちで「人工芝マット」を穴水町へ寄贈したことを評価され、感謝状を受け取ったほどです。

また、森口邦光は、穴水町でとれたまつ藻(アカモク)を施設の料理として提供するほかに、加工したものを特産品とししたいと開発を行っております。アカモクは、栄養価が高いもとしして知られており、施設の料理として提供するなどして、施設の入居者の健康のことも考えられているのでしょう。

森口邦光は、自社の発展だけでなく、地元に密着した活動、貢献を考えており、さらなる企業と同氏の発展と活躍がおおいに期待されます。これからの日本は、介護業界の需要が高まり、高齢化と介護業界、福祉業界の人員不足が懸念されます。その中で、森口邦光氏のような考え方や人物の存在が非常に大切で、必要になってくることでしょう。

株式会社清泉の宿
http://www.seisen-dayservice.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 住まいが狭いと感じている場合において、ものが溢れてしまっていませんか?できる限り捨てることが望まれま…
  2. さいたま市 痩身ameniteですが、痛くない脱毛とのことで受診してみました。私は30代の女性ですが…
  3. 浦壁伸周は1989年に青森で生まれ、地元で育ってきました。彼は、自分の人生がある程度決まっているとは…
ページ上部へ戻る